転職サイト

2020年【令和2年】40代転職心構えとおすすめサイト

40代で転職は自分の中で厳しいと決めつけていませんか?

40代以上の転職は難しくはなりますが、不可能ではありません。この記事では40代の転職の心構えや気を付けるべき点を記事にしていきます。

少しでもお役に立てば嬉しいです。

40代転職始める前の準備

固定費や近い時期にかかる費用の計算し、転職条件を決める

 

世の中晩婚化しておりますので、40代でもお子さんが高校、大学に入る時に重なりお金がかかる時期に転職を希望する方もいるかと思います。

このケースでいくと、年収の下がる条件の転職は絶対に避ける必要がありますね。また、今の会社のボーナスをもらってから転職という選択もあり得ます。転職の際に多少業務内容や、休日や残業など妥協するポイントが出てくる場合もあるかもしれません。

逆に、これからかかるお金が下がる場合はあくまで選択肢ですが、年収が同じか、または下がる条件の転職も可能か考える必要があります。
これらを考えるのは、転職活動時にあてはまる企業数が圧倒的にかわってくるからです。さらに入ってから失敗したなぁ..とならないために事前に分かっておくべきことです。

転職条件

・年収600万
・年休120日以上
・残業月20時間以内
※現在年収500万→550万でも可
※子供に手がかからなくなってきてるので完全週休2日なら可

重要なことは、転職条件をしっかり考えるという事です。

40代の転職市場価値と強み弱み

40代転職の強み

社会人になって20年ほどたち酸いも甘いも知る40代。
大きな強みとして、培ってきた豊富な経験が転職時に大きな力となります。

前職で管理職の経験があれば、マネジメント能力や、管理能力を買われ、役職者として転職することも可能です。また、部下を持った経験などがあれば部下の育成を担う人材としても期待されます。

管理職経験がない場合でも、大きなプロジェクトのリーダーを任されたり、責任を持って行った仕事があれば、アピールポイントとして使うことができます。他の世代にはない40代のもつ魅力は、ノウハウや経験、技量といった所です。

40代転職の弱み

40代は元気といっても20代、30代とは身体的には衰えが出始めてきている年齢ですから体力を使う仕事や、未経験の仕事はかなり厳しいです。未経験の仕事は、吸収力の高い若い世代を企業は求めますよね、体力仕事もまた然り。

20代の若い世代は変に染まってなく扱いやすいのに対し、40代は積極性に欠け、企業側からは扱いにくい人材というイメージがある。
また40代は、給与面でも若い世代と比べ高い水準となっており、企業の負担となるためよりシビアな目線で採用を行われやすい。

企業側からのマイナスイメージを壊す何か(経験、実績、能力)を持っている必要がある。

40代転職の心構え

 

求人が少ないことを予め覚悟して行動する

20代、30代と違い、40代は経験を問われ、即戦力としての採用が前提となるため、必然的に求人の数少なくなってしまうのです。
特に40代以降の中高年は、マネジメント経験の有無が求められることが多いです。

職務経験に自信のある人
・転職サイトや求人雑誌を利用する
・企業のホームページから直接応募する
・転職フェアやイベントに参加する
上記の方法は職務経験に自信があって、面接などにも得意な40代の人に限る

職務経験に自信がない人
・転職エージェントに複数登録する
<メリット>
・求人の質が一定で大手企業の求人数が多い
・スピード感をもって転職をすることができる
・無料で履歴書の添削や面接対策を実施してくれる
<デメリット>
・ハローワークと比べると求人数は少ない

・ハローワーク
<メリット>
・求人数が多い
・無料で履歴書の添削や面接対策を実施してくれる
<デメリット>
・求人の質にバラツキがある
・中小企業の求人が多い
・応募までに時間がかかる
複数の転職エージェント登録、余裕があればハローワークにも足を運ぶ。

転職エージェントの質と担当の質も確認が必要

複数転職エージェントを利用するとお伝えしましたが、やみくもに登録するのではなくて40代の転職に強いエージェントに登録することをおすすめします。
あと、複数登録すると担当がつきますが、この担当の方次第で自分の転職先が左右されるわけですからしっかり確認すべき所です。

転職エージェントは企業からの仲介料で運営されており、企業から20代、30代の求人が多いということで、40代の希望者が後回しにされる可能性があるからです。あくまで可能性ですから、しっかり担当者とのコミュニケーションをとって、本気ですぐにでも転職したいという気持ちを伝えましょう。

2週間に1度くらいはこちらから経過を確認してもいいかもしれません。
もし、担当の方と相性が合わなければ変更することもできます。気持ち的にはあまりいいものではないですが、20代のように時間に余裕があるわけではないので、それ位の覚悟をもって行動することが必要になってきます。

2020年【令和2年】40代転職おすすめサイト

リクルートエージェント

転職支援実績日本No.1の転職エージェント
20万件以上と他社を圧倒する非公開求人数
業界最大手のリクルートグループ,企業との太いパイプがあり,そのため転職決定力が高い

 

公式ページ

ビズリーチ

CMで話題。年収600万以上に支持される転職サイトNo1
登録するだけでヘッドハンターからスカウトが届く
高年収求人や優良ポジションなどの非公開求人はビズリーチに優先的に掲載が多い

 

公式ページ

JACリクルートメント

ミドル層に選ばれる転職エージェントNo1。転職支援43万人と、実績は業界トップクラス
現在の年収が600万円以上なら迷わず登録
管理職・技術職/専門職に強く、語学力や管理職経験を持つ方なら大幅な年収アップ

公式ページ

キャリアカーバー

年収650万円以上の求人をメインで掲載中
ヘッドハンターからのスカウト率を上げるためレジュメの記入は本当に重要
キャリアカーバーだけの案件も存在するため、ハイクラス転職はビズリーチ / JACと合わせて登録をしておくと◎

公式ページ

まとめ

まずは、転職条件(年収、休み、残業、勤務地など)を定める。

過去の実績や経験を自己診断し、企業にアピールできるように洗い出す。

求人サイト、雑誌、転職エージェント、ハローワークなど広い視点で情報を集めて、転職エージェントサイトには複数登録し、担当者とはよくコミュニケーションをとり、合わなければ変更してもらう。

40代を求める企業は必ずあるので、行動し続ける。焦らない、焦って内定にとびつかない。

不通過だった場合でも、何が問題だったかエージェントに聞きとりをし、改善を続ける。

質の良い求人に巡り合う事を応援しております。

最後までご覧いただき有難うございました。