転職サイト

2020年【令和2年】30代転職心構えとおすすめサイト

30代で初めての転職は、【若いころよりも難易度が高い?】と考える方もいますよね。確かに、30代で初めての転職を成功させるためには、20代の頃とは心構えで転職活動を進めたり、アピールしたりすることが重要となってきます。

ここでは、30代で初めて転職する方に向けて、30代の転職の現状や転職を成功させるためのポイントについてご紹介します。

少しでも参考になれば嬉しいです

30代転職理由ランキングトップ10

2種類に分かれます。

向上心からくる転職の理由

・ほかにやりたい仕事がある
・専門知識・技術力を習得したい
・U・Iターンしたい
・幅広い経験・知識を積みたい
・市場価値を上げたい

上記の理由は、仕事にも慣れて、このまま同じ仕事を続けるよりも、もっと専門知識、スキルを身に着けて自身を研鑽したいという前向きな気持ちの芽生えです。

不安心からくる転職理由

・会社の将来性が不安
・給与に不満がある
・残業が多い/休日が少ない
・会社の評価方法に不満がある
・業界の先行きが不安

上記の理由は、特に男性に多くみられますが家庭を持ち子どもがいると、将来の不安から貯蓄額を増やしたいと考え、今の会社のままで大丈夫か、昇給は順調にできるか、そもそも業界自体縮小していかないか、など不安になり転職をしたいという気持ちになります。

30代は仕事もプライベートも抱える悩みが増えますね..

30代の転職市場価値と強み弱み

30代転職の強み

確実に言えることは、前職での経験が活かされるかどうかがポイントとなります。
20代の若い転職希望者であれば、最低限社会人としての教養さえあれば、会社で育成し、若さからくる高い吸収力で将来性を見出す形で需要があります。

30代転職希望者は20代のようにすんなりはいきません。必ず前職での実績や経験が身になっているかどうか見られます。

例えば、家電量販店の中間管理職(BtoC)から法人をまわる営業職(BtoB)に転職したとします。
・営業職という経験
・部下の育成を経験している
・クレーム処理などの経験
前職でこれらの経験がある人材であれば扱う商品が違えど、営業という職種であればどこにいっても通用するでしょう。
むしろ、クレーム処理の適応力や部下をすでに持ったことのあるリーダーの資質などを認められ管理職として入社するというケースもあります。

俗にいう【即戦力】になるかどうかを見られるという事です。
転職市場において30代は、即戦力になれるだけの人材であることを前提としている求人案件が多いことを認識しましょう。

また、30代はマイナスイメージがほとんどないのが特徴。
20代は、育成しても再度転職するリスク、経験値が低いためミスが発生しやすいというマイナスイメージ
40代は、積極性に欠ける、給与が高い水準になりやすいというマイナスイメージ

職場に馴染めるかどうかなどの性格的部分は見られると思いますが、特にマイナスイメージのない30代は前職でしっかりと実績、経験を積んでいれば市場価値は高まります。

30代転職の弱み

転職理由1位の他にやりたい仕事がある。これが今の仕事とまったく異なる未経験の職種だった場合非常に厳しくなります。

前職の経験がまったく活かされない未経験の仕事に転職すると0からのスタートという事になります。同じ0スタートの人の応募で20代の若い人がいたらそちらが採用されます。吸収力は20代の人の方が高いし、教育するのであればなるべく若い人材の方がいいからです。

資格があれば変わるか

働きながら簿記2級取得し、営業職から事務職に応募。
同じ年で簿記の資格は持ってないが、前職で実務経験3年ある人が同時に応募があった場合、ほとんどの場合、実務経験を積んでいるほうが選ばれます。
資格はあったに越したことはないが、実務経験にはかなわないという事。

今までの経験が有利にはたらけばいけますね!

30代転職の心構え

転職理由が明確になっているか

現状に不満を抱えて転職を考えた方は、どんな不満を抱えているかを明確にして下さい。それが分かってからでないと次の職場でもまた「転職したい」と考えるようになる可能性が高まります。自身で譲れないポイントがあると思いますので(年収、休日日数など)それをしっかり考えましょう。
なんとなく転職をしたいというだけでは、企業も納得しないばかりか、本人も後悔することになります。
まずは自身の今後のキャリアをまとめた上で活動するのが、転職活動の成功につながるでしょう。

広い視点で情報を集める

広い視点で情報を集めることが重要です。
転職サイトやエージェントからの情報、自分の知り合い、企業の採用情報、ネットでの情報などさまざまな所から情報を集めましょう。転職サイトは自身の年代を得意とする転職サイトやエージェントを複数登録することをお勧めします。

妥協しない

転職するにあたって、すべてが自分の希望通りになることは少ないです。
趣味などは合わなくてもすぐにやめればいいですが、仕事はそうはいきません。人生において仕事はとても大きい比重を持っているからです。

こういうマインドは捨てましょう
転職して年収が増えたけど休日がへったからやっぱりまた転職しようかな..
なんとなく合わないかもしれないから転職しようかな..

転職チャンスは限られている
あなたが面接官だったとして、多数の職歴にあふれた人と目的をもって転職応募を同時に受けた場合、必然的に後者を選びますよね。
初めての転職は比較的楽に入れるが、すぐにやめた場合次は難易度があがってくるという話です。転職した理由がはっきり説明できない転職はどんどん自分の社会的ポジションを下げていくことになるので、妥協できないということです。

 心にゆとりをもつ

妥協なく条件を持っている場合は、短期間ではなく長期間の転職活動になると考えておきましょう。働きながら探せばさらに心に余裕が生まれます。
じっくりと時間をかけて転職活動をすると決めておけば、焦らなくてもすみます。
また、時間が経過すると、本当は必要のない条件も自分で見えてくるので、選択の幅が広がる可能性もあります。
焦って転職先をすぐに決めようとすると、望まない結果となり後悔するケースが多くなります。
気持ちにゆとりを持つことで、客観的に自分をみつめ、満足のいく転職に繋がる可能性が高まります。

2020年【令和2年】30代転職おすすめサイト

doda

転職者の約8割が利用中。30年の実績・転職者満足度No1
全国対応の為、地方在住や地方転職をするなら利用必須
dodaでしか扱っていない好条件の求人多数

公式ページ

マイナビエージェント

20代〜30代の転職成功率No1
業界情報や面接対策のクオリティが高く、始めての転職でもしっかりサポートで安心
20~30代の若年層を求める企業の求人に強みがある

公式ページ

ビズリーチ

CMで話題。年収600万以上に支持される転職サイトNo1
登録するだけでヘッドハンターからスカウトが届く
高年収求人や優良ポジションなどの非公開求人はビズリーチに優先的に掲載が多い

公式ページ

まとめ

30代の転職は経験や、実績があれば他の世代よりも有利に進められるが、未経験の分野はとても厳しく、事前に資格などをとっても実務経験にかなわない場合もあることを念頭において行動しましょう。

広く情報を集めるために転職サイトは積極的に利用しよう。
転職活動を行う際は、転職サイトを積極的に利用するのをオススメします。
転職サイトでは、希望する条件に合った求人の紹介、スケジュールの調整、履歴書や経歴書についてのアドバイス、面接での指導など、多くのサポートを受ける事ができるからです。3サイト程度を登録すると効率的です。

転職の連絡が来るメールアドレスは別に作っておくことと、電話連絡がくる時間帯は予め決めておくこともおすすめします。

よりよい仕事につけるよう応援しております。

最後まで見て頂き有難うございました。